メンズ

トナーや紙など定期点検で長持ちさせる|人気のある東芝コピー機

修理会社の見つけ方

コピー機

コピー機を使用していてトラブルが発生した場合は、専門の修理会社で見てもらうようにしましょう。修理会社といっても全国には沢山あり、対応してくれる内容が異なる場合があるため、目的に合ったところを探すことが大切です。

詳細

修理についての注意点

ウーマン

コピー機がトラブルを起こした場合は、修理に出すのが一般的です。しかし、修理を出すためには注意しなければいけないこともあるのです。修理において注意点を知っておけばトラブルになることもないため事前に知っておくとよいでしょう。

詳細

コピー機の問題を改善

女の人

かつてのコピー機について

コピー機が一般的なビジネスの現場に普及された当初は、紙詰まりの頻出が非常に大きな問題でした。現在でも定期点検は必須ですが、かつては定期点検もしくは修理から時間がたつにつれ部品間に微妙なずれが生じ紙詰まりの原因となっていたのです。また、トナーを定着させる際発生する熱の放出が非常に多く、室内の気温上昇に大きく影響しました。精密機械であるため、常に微調整及び付着したトナーもしくは紙の繊維などの清掃が必要で定期点検が欠かせず、修理費用等のメンテナンスコストの高騰につながったのです。取り扱いに注意を要する大型機械ではありましたが、コピー機登場以前に使用していた青写真やガリ版等に比べればはるかに利便性は高く、現在ではオフィス必須アイテムとして広く普及しました。しかし修理、定期点検の回数削減が課題としてあったといえるでしょう。

現在の状況と今後の進化

オフイスへの普及に伴い、コピー機は飛躍的に進歩を遂げ、サイズが大幅に縮小されたうえ紙詰まり等の障害発生率が大幅に改善されました。それによる修理や定期点検の回数の減少は、消費電力やトナーの消費量の減少も相まって、ランニングコストの大幅削減に寄与しました。また、パソコン及び社内ネットワークの普及により、プリンタ機能を兼ねた製品が登場したのです。さらにコピー機の多機能化は進み、スキャナー,FAXを兼用する製品も現れました。一方紙の取り扱い機能も大幅に進化し、紙送りの高速化、自動綴じ、冊子の製本なども標準的な機能となりました。エコロジーの観点からオフィスにおける紙の削減への取り組は以前から続いていますが、セキュリティー等の観点から紙ベースでの資料作成の重要度は依然変わりありません。今後もコピー機の存在価値は衰えることはないと考えられます。また、コピー機には様々なメーカーがあり、その中でも東芝は人気があります。もしコピー機を利用する際にどのメーカーがよいか悩んでしまうことがあれば、一度東芝のものを利用してみるのもよいでしょう。

長く使い続けるために

コピー機

メーカーでコピー機を生産する場合は、長く使用してもらうために修理のことも考えられて作られています。そのため、コピー機が故障した場合でもメーカーに送り返すことで修理をしてもらうこともできます。

詳細